<   2002年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

別世界への入り口

[ Bar-008 ]

e0107476_4572981.gifあけましておめでとうございます。昨年はSTARS'N STRIPESならびに俺を応援してくれたみなさん、心から感謝してます!今年も気張っていくんでよろしくでーす!

と、まー新年の挨拶でした。なんか新年明けた気が全然しないな〜。2002年か。初めてスタンリーキューブリックの『2001年宇宙の旅』を見た時は21世紀がもの凄い遠く感じていたんだけどね。映画より1年過ぎてしまったぜ!今年も心を入れ替えて精進するよ。年末から仕事が猛烈に激激大バーゲンだったんで正月は殆ど家から出ていない。あーなんで家からって?俺は在宅での仕事だから家が職場なんだよね。すっかりメールでのやりとりだから会社の人間に会うことも殆どない。なんかそーいうのも考えてみりゃ不思議な感じもするね。と、また話しがズレそうなので急ピッチに切り替えていこう。12月31日の池袋でやったカウントダウンの時は外に出た。そりゃそーだ(笑)。それから外出たのは、近所の煙草の自動販売機に行った時と池尻のスタジオにリハやりに行ったくらいだ。あー仕事で品川に行ったな〜。小室哲也氏のスタジオ。この話しはあとでゆっくり。正月は時間があるから仕事を引き受けたんだけど、意外と正月ってやることいっぱいあるんだよ。知ってた?知ってるか。知らねーのはオメーだけだよー!!って今聞こえた(笑)。一番失敗したと思ったのは『年賀状』だ。昨年から心を入れ替えてこっちからすすんで出すように心掛けていたのになー!!だから昨年は沢山年賀状がきた。ま、今年も沢山きたけど、こっちがメールになってしまったからとても申し訳ないよね。マジで御免ちゃいです。あとは『掃除』だよ。しかも家が職場だけになんかこー新年シャキっとする為にもしたかったんだけどね。殆どやってない。最近ちょっと時間ができそうだからやるよ。やるぜー!!

昨年は面白かった!勿論STARS'N STRIPES。結構やったな、ライブ。いつもと言えばそーなんだけど、昨年は出演したことのない小屋も結構出たし、昔出てた小屋なんかにも改めて出演したからね。でも意外なところのアタリがでかかった。まず、『弘前オレンジ・カウンティ』ここは意外中の意外だった!しかもそこの『たくろー君』が最高な奴でさ!みんなに会わせたいなー。箱も喫茶店にステージ造ったみたいな感じなんだけど、これがまたカッコイーんだ。照明なんかろくずっぽないんだけどね。店の雰囲気がいいんだよ。音も最低限の機材なんだけど、マスターが触ると超イカシタ音が出る。なんか好きなんだよね、そーいうの。あとは『富士アニマルハウス』だ!これまた意外中の意外だった。箱は古い感じで普通といえば普通なんだけど、店長の『TSURUさん』がかなり刺激的だった!最初はマジでビビってしまうくらい『やばそーな人』だったんだけど、これがスゲーいい人なんだなー。なんかこだわり持っててね。しかも1発目に出演した時に『Rag☆Nats』と一緒だったんだけど、このバンドが超めちゃくちゃイカしてるんだよ!とくにVoの『Shimo1』は今まで俺が知り合った中でも片手に入るくらいのイカした野郎だぜ!今度は是非東京で一緒にやってみたいよ。そんなかんだで色々刺激的だった。今年も色んな場所に行きたいよ。一体俺は今まで何ケ所の小屋でライブしたんだろ?今度数えてみようかな。でも多分数カ月はかかりそーだな。

今年もやっぱり『魂』を持って歌っていきたい。やっぱ武士だからね。それだけは変えられないのさ。あとは個人的になんだけど『平和』もかな。なんかアリガチで昨年の『同時多発テロ』の影響受けたからって訳じゃないんだけどね。子供達が苦しんだり悲しんだりしている姿だけはやっぱ胸にくるよ。俺なりにね、なんか行動をおこしたい気分だよ。

ナ ン カ コ ウ ド ウ ヲ オ コ シ タ イ キ ブ ン

さて話題を旬なものに変えようか。年末に仕事で『椎名へきる』ちゃんのレコーディングをしたんだよ。対アーティストの仕事は久し振りだったからスゲー楽しかった。考えてみりゃ、1年くらいそーいう仕事はやってなかった。嫌になった訳ではないんだけどちょっと疲れた時期があってね。ははは、俺だって疲れるんだよ!今回は『小室哲也』氏(以下:TK)の会社だったんだけど、レコーディングしたスタジオには久し振りにちょっとした衝撃をうけたよ。何かって、どー見ても倉庫だしさ、ま、実際倉庫なんだけど。中に入ってみるとスゲー綺麗で鬼のような機材だった。実際、TKの機材もあったけど凄かったよ。正直、今まで別の世界の人だと思ってたけど、そこでレコーディングしてみたらTKに対する俺の今までの勝手なイメージが随分変わったような気がする。なんか、環境がよかったのかな?とてもリラックスしてレコーディングができたんだよね。俺は昔からレコーディングが好きだから馴れているって言えばそーなんだけど、今回は別に理由があったような感じがする。建物やスタジオへのちょっとした配慮がいいのかもしれないな。人気アーティストが使ってたり、ましてTKのスタジオだけにかなり近代的かなって思ったら全然そーじゃないんだよね。レコーディングするミュージシャンの気持ちをよく理解しているスタジオだった。とても気持ちよく作業が出来るってこと。最近はギターもライン録りっていって独りでスタジオにこもって窓ごしに録音することもなくなってきたからね。でも、勿論そーいう現場はあるよ。俺も自分のバンドのレコーディングはマーシャル使うしね。その日は俺のマーシャルはこっちの都合で持っていけなかったんでライン録りにした。いわゆるアンプシュミレーターね。だから、ミキサーの前にあるテーブルでコーヒー飲みながらだったんだよ。勿論、周りにはエンジニアやアレンジャー、マネージャーなんかが居るんだけどさ。なんか客観的に見たら変だよね。まるで家で録音しているみたいじゃん。おかげでいー感じでレコーディングは終了しました。楽しかったな。

結構、意外?でも、そーいう人いるね、実際。俺は『魂のロッケンローラー』だし(笑)。でもね、2つの顔を持ってる訳ではないんだよ。SNSが本当の俺で仕事は別の俺ではない。一緒なんだよ。ただ仕事の場合は向き合う曲やクライアントの要望に応じて表現の仕方を変えているけどね。結局は俺だしね。でも昔は出来なかった時もあったな。そん時も勿論自分のバンドやってたんだけどね。どんな場所でもどんな音楽でも自分を表現することが出来なかったんだと思う。あ、こんな言い方すると今は出来てるって感じだけど、まだまだ修行中なのであしからずだぜ!!勿論ロックのこだわりは今も昔も変わっていないけど、そん時は俺の中でロックというものをまだよく分かってなかったんだと思う。いつも言うんだけど、ロック=激しいとか、ギターが歪んでいるとか、単にそーいうことではないってことかな。ロック=俺自身なんだと思う。気持ちだよね。だから俺は『魂』という言葉にこだわっている。

タ マ シ イ ト イ ウ コ ト バ ニ コ ダ ワ ッ テ イ ル

今回レコーディングした曲も無事にリリースが決まったっんで是非聴いてほしいな。面白いと思うよ。

やべー新年そうそう話まくってしまった。この先が思いやられるな。でもいいか。今年も『YOUNG DUDES BAR』に遊びにおいでよ。酒はあるからさ。そーいえば今さらなんだけど、この店の名前はMOTT THE HOOPLEの曲から命名したんだよ。実際は『ALL THE YOUNG DUDES』といって邦題は『全ての若き野郎ども』なんだ。今年もよろしくたのむね。


e0107476_3314128.gif□BGM : ALL THE YOUNG DUDES
■MOTT THE HOOPLE『ALL THE YOUNG DUDES』

2002年の最初ということでやっぱりMOTT THE HOOPLEを聴きたいね。これは1972年にCBS.SONYよりリリースした5枚目のアルバム。DAVID BOWIEがプロデュースしたもので幾分歌ものっぽいサウンドになってるけど一番売り上げが高かったアルバムだ。LOU REEDのSWEET JANEなんかもカバーしたりしていて面白い楽曲が満載。でもやっぱりタイトル曲の『ALL THE YOUNG DUDES』がいいね。これも今じゃ70年代グラム賛歌になっている。ギターリストのMICK RALPHSの在籍した最後のスタジオアルバム。やっぱり俺はイアン・ハンターが好きだなー!!
[PR]
by ohpg | 2002-01-15 02:45 | Bar's Column