<   2002年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

秋の空気

[ Bar-012 ]

e0107476_514297.gif夏も終わってしまいそうだな〜。今年の夏は何してた?そー振り返ってみると......。何してただろうな?
海にも行かなかったし、山にも行かなかった....。う〜ん、仕事は山のようにあったけどな〜。でも酒は飲んだな?
よく分らない夏だったけど、こんなもんか〜。うちの隅田川の花火は見た!毎年恒例だからね。綺麗だったよ。

最近のSTARS'N STRIPESは、色んなメンバーとセッションしながらライヴしている感じ。メンバーの仕切り直しをしてから随分時間も経ってるけど、焦ってはいない。とにかくじっくりって感じかな、今回は。でも、こーいう時にかぎって色んな話が迷いこんで来るのも事実。まず、10月にEXPLOSION WORKSからCDリリースの話がきた。勿論、現在はメンバーも確定していない状態なんでコンピレーションだ。それにともなってレコ発イベントもあるよ。あとは10月4日に『Janis Joplinの追悼ライブ』に出演することになった。詳しくは『WHAT'S NEW』で報告してるけど、銀座でやる。銀座か.....わりと近所だけど、ライブ的には未知な場所だよ。 Janisと言えば、俺の事を良く知ってる方なら御存知のとおり、俺が最も愛しているシンガーだ。彼女の事を語ったらこのページだけでは足りないので次回じっくりだな。
え〜それから11月にまたまたセッション。メンバーは後で発表するね。でも面白いメンバーだよ。何の曲やるかは未定。しかし何だか沢山だな。じっとしていても落ち着いていられる日はなーいのだ!

先日、久し振りにプライベートで京都に数日行った。ま、磔磔で歌は歌ったけど。やっぱい〜町だよ。寺巡りは『銀閣寺』『三十三間堂』しか行けなかったけどどっちも好きな場所なんで心が洗われた気分だ。ほら、武士家だからね。俺も藤原家なので。
うちの家系も面白いよ。さすがに家系は武士なだけにみんな『剣』に関わっているんだよ。勿論、俺もその1人だし。うちの親父なんかスゲーぞ!全国でその名を轟かせた武士だし!まさに生き方も武士!俺のもっとも尊敬する男だよ。とにかく武士なんだ!まがったことが嫌いで我が道を突き進んでいくタイプ。全ての道は自分で切り開いていくっていうのかな。さすが藤原家だけあって『歌』に関しても凄いのだよ!ここでいう歌は『短歌』ね。俺の親父もロック歌ってる訳ではないぜ(笑)俺なんか途中で『剣』をギターとマイクに持ち帰ってしまったけど、親父の歌心は素晴らしい!いったいいつになったら親父を超えられる時がくるんだろうか?ちなみにその親父、俺の祖父だが、この人がこれまた半端じゃなく凄い!しかも『命助』というもんだからビビってしまうだろー(笑)俺は『ぎ助』です(照)なんて言ってわからないくらいグレイトな人だった。小さい頃はよく寝る前に子守唄を歌ってくれたな〜。しかも替え歌で!『どんぎりコロコロどんぎりこ〜』どんぎり!?これは方言で『うんち』の意味なんだよ。は〜やっぱり家系だな。おかげで俺の頭の中の『どんぐりコロコロ』は『どんぎりコロコロ』になってしまった(笑)よく色んな話を聞かされた。初めて乗ったバイクでブレーキのかけ方を知らずに宮城から岩手まで走ってしまったことや(ど〜なの?)教師をしていた時に教え子に布団に潜り込まれた話(ど〜だか!?)あ〜これ以上言ったら俺のルーツがばれるんでやめよう(笑)
でもね、俺が音楽に走ったことを一番よく理解してくれた人だった。嬉しかったな〜。勿論、今は両親だって良き理解者だけどね。とにかく反抗したくてたまらなかったあの頃、俺がロックをすることに誰もが反対だった時、一番嬉しかった。『お前が自分で選んだ道は変えてはいけない』と言ってくれたからな〜。だから今の俺があるんだよ。何も怖くない。俺は俺の道を進むだけだ。

ナ ニ モ コ ワ ク ナ イ 、 オ レ ハ オ レ ノ ミ チ ヲ ス ス ム ダ ケ ダ 。

現在の俺は、ま、久し振りのメンバー入れ替えということもあって独りの窮地にあるといっても過言ではない。
今更、これからバンドをやっていくという選択にとらわれることもないけどね。でもこの瞬間のスリルが好きだ。ん〜うまく言えないが、先が不安だからこそのエクスタシーっていうのかな。変な表現かな?でもね、確かにそうだ。
俺が求めていることや進もうとしていることは確実に大きくなってる。それ故に今回の仕切り直しはスリル満点だ。確実にこれが進んでいったら俺は俺のスピードを制御できないくらいになるだろう。それも怖い感じもある。だからこそスリルがある。
昔、嫌になって投げ出したこともあったが、『俺の限界はどこまでが俺なんだろう』という疑問と挑戦もある。

オ レ ノ ゲ ン カ イ ハ ド コ マ デ ガ オ レ ナ ン ダ ロ ウ ?

まったく分らない次元だ。限界まで挑戦したい気持ちもあるが、全てを投げ出して山の温泉街で小説を書くのもいい。
要するに、今の俺には時間の流れというものは関係ないということだけははっきり言えることだ。

ぱっ!(場面が変わった音)
実は毎日の楽しみのひとつに決まったテレビを見ることがあった!それは0:00くらいからやってるTBSの『ワンダフル』。丁度、仕事をしているとうちのMacのHDの検索が始まってしまうからなんだよね。なんか、楽しい。とくにワンギャルがお気に入りという訳でもないが.....辺見エミリは可愛いね。あーいう普通な情報番組?最近のストレス解消?......だったが、何と終わってしまった!悲し〜。ま、余談ね。
最近はまたDVDを見まくっている。以前買って見ていなかったものやら、新作やらをね。特にハマってしまったのはデヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライヴ』だ!さすがリンチだぜ。頭いて〜。
遂に『ツイン・ピークス』のDVDも発売されるしでウキウキな俺です。でも多分、頭は痛くなるだろうな。

さて、10/6の先行発売〜11/3に全国発売される今回のコンピレーションアルバム『東京 Rock'n Roll Show!』は是非、聴いてもらいたい!今回挿入しているのは『魂の歌』。ここ数カ月あたりでは1番聴いてほしい歌だ。今度じっくり曲の説明なんかをしたい程だ。考えてみれば、あまり曲の説明ってしないしな(笑)。でも『魂の歌』は多くの人に聴いてほしい。

最近はすっかり寒くなった。俺はこれくらいが好きだけどね。なんか昔の思い出に浸る訳ではないが、不思議と色んなことを思い出させてくれる空気だよね。そんな感じしない?


e0107476_3482100.gif□BGM : RE-MAKE RE-MODEL
■ROXY MUSIC『ROXY MUSIC』

1972年にVirginからリリースされた1st。俺の中でのROXYはやっぱりアバンギャルドだ。中期以降は新しいポップサウンドとして革命的な挑戦もしていくが、初期のサウンドはいいね。Bryan Ferryの歌は勿論だが、Enoのクレイジーなシンセがたまらない。そしてMackayのSaxやOboeもたまらなくイカしてる!初期のスタイルを知らない人はニューロマンティック系'80sバンドと思ってる人もいるけど、まさにグラム全盛期に誕生したイカレタバンドだ。心地よい"けだるさ"にはまったら絶対ぬけ出せない麻薬のようなバンドだ。
[PR]
by ohpg | 2002-10-01 02:53 | Bar's Column