<   2002年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

迷いのない新たな選択

[ Bar-013 ]

e0107476_525540.gif久し振りな感じだね。しばらく"YOUNG DUDES BAR"に来ないあいだに最近はすっかり冬っぽくなってしまったな〜。
ところで最近の旬な話題があってね。ひさしぶりにここに来た訳だよ。ま、とりあえずビールでも飲もう!

実は我が"STARS'N STRIPES"にギターリストが加入したんだよ!これは面白くなりそうだ。ま、トリオベースのバンドってイメージが多い人もいると思うけど、元々は4人編成だったんだよ。え〜っと96年までかな。それまでも2回ギターリストが変わった。初代のギターリストが96年中旬くらいまで在籍してたかな。確か実家の関係でバンドを続けられなくなったんだよ。それでその後もう1人加入したんだけど96年末のイヴェントで姿をくらました(笑)。それ以来3人でやっていたって訳。勿論その後もギターリストを探したりはしたんだけど、なかなか『こいつだ!』っていう奴がいなくてね。すっかりトリオスタイルの面白さもあってギターリストを入れるという考えは俺の頭から消えていたんだけど、今回加入した"JOE"という奴が俺の考えを180度変えてしまうほど興味のある男だった。知り合ったのは勿論メンバー募集がキッカケなんだけど、今回SNSが募集していたのは知っての通りBass&Drum。そんな状況の中でアピールをしてくれた。実は現在までにもギターで加入したいという人は何人かいたんだ。でも更々ギターリストを入れるという考えはなかったんだけど、Joeって奴はかなり面白い奴でさ。好きな音楽やらが一緒だったということもあったかな。そんで急遽『Janis Joplin追悼ライヴ』でベーシストとして参加してもらった(笑)。お互いJanisは大好きだったし、追悼ライヴということもあって上手い下手じゃなくて本当にJanisが好きな奴とやりたかったからね。ま、ギターリストにベースで参加してくれっていう俺も俺なんだけど、快くオッケーしてくれたわけだよ。でも正直その頃もまだ、ギターリストを入れようとは思ってなかった。すぐにSNSのライヴもあり今度のサポートメンバーとのリハなんかも入っていたし。俺もなかば一度のセッションで『面白かったな〜』って感じで終わっていたんだけど、ある時なんとなく考え始めたんだよな。入れようかな〜っとかど〜しようかな〜ってさ(笑)でもなかなか答えがでなくてね。そりゃ〜そうだよ。今回募集していないメンバーの事を考えているんだからな。でも何か気になる奴だし.......。そんな感じで数日くらい考えても結局答えはでない状態。そんな自分自身にもイライラし始めた時に単純に『奴と一緒に活動できたら楽しいだろうな』っと思った。今までがどうとかではなくて、単純にこれから一緒にやっていける面白い奴がいるんだから何も迷う必要はないと思った。

ナ ニ モ マ ヨ ウ ヒ ツ ヨ ウ ハ ナ イ 

音楽性やら何やらが変わる訳じゃないしね。もっと面白くできるはずだって。しかも俺自身、興味深々なんだからって。そんな訳で即行、話は成立した。決まる時って早いね(笑)。なんかいつも俺がリーダーとして何でも引っぱっていったり、結局俺がやらなくちゃいけない事とかも沢山あったんだけど、これからは本当の意味で一緒にやっていけるメンバーが増えたっていうのは凄く嬉しいね。なんだかワクワクするよ。これを機会にきちんとリズム隊も決めて早くツアーに出ようか!と話にもなったしね。ま、楽しみにしていてくれよ。"JOE"の紹介は"STARS'N STRIPES Official Web Site"で見てくれ。。彼自身のサイトも『LINK』にはってあるから是非って感じだ。可愛がってくれ。

さ〜て今月30日はまたまたセッションだ。今回も日下部"BURNY"正則、KAIさんとで前回の"KISS"メンバーのドラムがMINOLに変わっただけだけど面白くなりそうだぜ!。今回のカバーは俺自信も初の試みなんでど〜なる事やら!?今回は事前に打ち合わせをしようと集まったものの温泉旅行に行こう!という話で盛り上がってしまった(笑)。ま、このノリが熱いグルーヴを叩き出すことは間違いないだろう(爆)。他の出演者もい〜感じだ。とにかく楽しみに待っていてくれ。

ところで前も話たけど、しばらくここの写真も使いまわしになってる(笑)。DVが今ないんだよ〜。いつもそれで写真は撮ってたからさ。デジカメもあるんだけど、俺の持ってるやつってオモチャみたいなもんだから。飲んでる風景とかないと寂しいよね。なんとか入れるようにするからもうちょっと待ってくれ〜。


e0107476_3505485.gif□BGM : Yesterdays
■HELEN MERRILL
『helen merrill with clifford brown』

1955年にPolyGram Recordよりリリースされたアルバム。JAZZシンガーで俺がもっとも敬愛するのが "ヘレン・メリル"だ。このアルバムはとにかく彼女の最高傑作だと思う。"クリフォード・ブラウン"のペットに"クインシー・ジョーンズ" のアレンジととにかくJAZZの魅力が詰まった名盤中の名盤。ウイスキーを飲みながら聴くとまた格別だ。ハスキーな歌声がとてもセクシーでたまらない。世界の名曲で2曲存在する"イエスタデイ"の1曲を歌ってるのがこのアルバムの"Yesterdays"。勿論ビートルズの曲ではない。俺はこっちの方が好きだな。実は彼女を知ったきっかけは村上龍の小説『恋はいつも未知なもの』だった。
[PR]
by ohpg | 2002-11-17 02:54 | Bar's Column