<   2003年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

最高のB級

[ Bar-015 ]

e0107476_552296.gif久し振りだね。最近はまた何だかんだと忙しい感じだ。今年はステップも快調にここに登場する予定なんだけど早速少々遅い感じだな〜。よーし!旬な話から始めようか。

"HANOI ROCKS"が動きだしたね。これは凄い嬉しいことだ。85年が解散だったから18年振りなのかな。早速、新譜も聴いたけどワクワクしたな。マイクもアンディも健在だった。俺の好きなあのグルーヴがあったよ!それにしても音も良かった。勿論、今の時代の機材で録ってるからね。でもなんか綺麗すぎる感じもしたけど、あのグルーヴが見事に全ての疑念を打ち消してくれたよ。でも個人的には良い意味で複雑でもあるな。俺が聴き出したのは中2の頃だったんだけど、音楽雑誌なんかの評価は最悪だった。"最低なバンド"だとか"下手クソなバンド"とかさ。ふざけんな!って感じだった。丁度、時代的にHRなんかが盛り上がっていたせいもあるからだろうけど、比べるもんが違うだろう?実際、"HANOI"もレコード会社に"HRかDISCO MUSICをやってもらわないと売れないよ"なんて言われたらしいけどさ。確かサムがぶち切れて"余計なお世話だ!"って言ってやったんだよな(笑)。勘違いしてほしくないんだけど、HRが嫌いだって言っている訳じゃないよ(笑)。俺も結果的にはそれっぽい事やってたしね。でもファッションはやっぱりグラムっぽかったな〜。だから、あの頃、ボロクソに言っていた連中を見返して欲しいな。もーメッタメタに叩き潰してほしい。俺も含めてHANOIファンは本当に喜んでると思うよ。結局、イイと認めさせた訳だからね。年月が経とうと様々な出来事があろうが、イイものはイイって事じゃん!あの頃の大馬鹿な阿呆たれ評論家達が後悔している顔が見てーぜ!


正直、マイクのソロ活動はあまり興味がなかった。勿論、聴いたけどね。サウンドも楽曲のクオリティも良かったけど何かが違うような感じだった。あくまで個人的にね。"BOWIE"なんかにしてもある時代で思ったけど、もっと、よりチープであの最高のB級ロックが聴きたいって思った。最高のB級だよ。上手いとか下手とかじゃない。最高のロックンロールをだ。きっと本人だって分かっていて辛かったんだろうな。色んな事あったしね。マイクは凄いよ。カッコイイよな。


俺の大好きな"MOTT THE HOOPLE"の"GOLDEN AGE OF ROCK'N ROLL"という曲で"IAN HUNTER"が歌っている大好きな歌詞がある。それは<子供達が笑ったり悲しんだりする素直な気持ちを失わない限り、ロックンロールは絶えることはない>という言葉だ。


コ ド モ タ チ ガ ワ ラ ッ タ リ カ ナ シ ン ダ リ ス ル ス ナ オ ナ キ モ チ ヲ ウ シ ナ ワ ナ イ カ ギ リ
ロ ッ ク ン ロ ー ル ハ タ エ ル コ ト ハ ナ イ


"HANOI ROCKS"の復活は何だか俺を中2の頃に引き戻してくれたみたいだ。昔、確かマイクだかアンディのインタビューで"NEW YORK DOLLSよりグラマラスでSEX PISTOLSより激しいバンドにしたい"って話してたのを思い出した。俺が知ったのもジョニーサンダースのOPENING ACTをしているという事からだった。新譜を聴いてまず嬉しかったのがヨハンセンっぽい歌い方とDOLLSっぽいアレンジが結構あったからだ。いや〜嬉しかった。思わず笑ってしまったよ。今のHANOIは凄く純粋にロックしてるって事だよね。だから恐れないんだよ。
あ〜一気に熱く語ってしまった(笑)。喉が渇いたからビールを飲もう。


ラズルが他界してからもう今年の12月で19年か。確か84年だったよね。大好きなロックミュージシャンが死んでしまうって本当に悲しいよ。でもそれ以上に悲しかったのはジョニーサンダースが他界した時だった。確か同じ頃にレイボーンとジェフポーカロが死んだんだ。周りは2人の話題ばっかりで誰もジョニーの事なんか気にしなかった。スゲー悲しかったな〜。
あ〜ジョニー。誰か一緒に泣いてくれる奴が欲しいな〜。

ところでヨハンセンやシルヴェインは何処で何をやってるんだろうか?なにか情報が欲しいな。マジで。
誰か知ってる?あ、でも俺が知らないくらいだから誰も知らないかな(笑)


e0107476_454017.gif□BGM : UNTIL I GET YOU
■HANOI ROCKS『Back to Mystery City』

1983年にリリースした4枚目のアルバム。MOTT THE HOOPLEのOverrend WattsとBuffinがプロデュースを手掛けMorgan FisherがKeyboardを担当している超豪華傑作アルバム。個人的には"UNTIL I GET YOU"が大好きだ。ノリ一発な"マリブ"なんかは勿論、独特な気だるさのある曲も好き。これ以上何も言うことはない(笑)カッコイイの一言だろう。確か国内版のジャケットはマイクのアップだったような気がする。これはUKとFINLAND版のジャケっだったはずだ。
[PR]
by ohpg | 2003-02-21 04:06 | Bar's Column