<   2003年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

素晴らしい出会い

[ Bar-017 ]

e0107476_574280.gif今更ながら、現在までに様々な出合いをしてきたなって思う。特にバンド人生に於いては何よりも感じる事が出来るんだよね。今となっては普通に付き合っていたり酒を交わしたり、一緒にライヴやセッションなんかをしているが、10代から20代前半の頃の俺にはとても考えられない事だった。そしてそれらの出会いはファンとしてという気持ちもあるが、どれも現場がキッカケだったという事が俺自信、とても嬉しい事なんだよ。今日はそんな出来事を改めて自分自信に刻みこむ為に話でもしようかな。

初めてプロバンドと同じステージに上がったのがのサポートだった。あの当時は何かとTVに雑誌にと話題騒然なバンドで俺の心はかなり踊っていたのを覚えている。当時の俺は18才で他のメンバーは20才だった。地元ではかなりな人気と動員数があったので抜擢されたという訳だ。しかし何で俺らがあんなに人気があったのか不思議な気もするが(笑)派手だったから?主催もRock'n Roll Olympicを手掛けていた事務所ということもあってその後の展開にも大きな意味を持ったライヴだった。そしてその時に後ののエマさんとアニーさんと顔を会わせる事となった。アニーさんとトイレで用をたしながら話をしていた時に"Gisuke君、俺なんかこんなに離れて小便できるんだよ"と言って1mくらい下がって小便をしていたのを覚えている(笑)その時はマジでこの人は凄い!と思った(笑)

コ ノ ヒ ト ハ ス ゴ イ !

そのライヴを機会に様々なツアーバンドと対バンする事となった訳だ。あの当時はインディーズのツアーバンドが全盛だったのだ。日本中のロックバンドが競い合うようにツアーをしてまわっていた。正直今では一緒にやった全てのバンドは覚えていないが、印象に残ったバンドは沢山あったな。全国的な知名度と人気で言ったらかな。元気が出るTVの出演もあり、アルバムをリリースした時期だったので無敵な状態だった。確かYOSHIKIさんが楽屋に横になってスタッフが髪にダイエースプレーを吹き掛けていたのを覚えている(笑)その他にも<シックスティーンレッグス>....う〜ん思い出せない!の藤本さんとは昨年セッションイヴェントで久し振りに再会して懐かしい話で盛り上がってしまった。そして<シックスティーンレッグス>ではHEESEY兄貴と知り合った。HEESEYさんとは先日もライヴに遊びに行ってきたばかりなので今もなお旬だ(笑)なんか本当の兄貴みたいで一緒にいると妙に嬉しいんだよな(笑)真面目なところもあり不良なところもあり子供みたいなところもありでね。イカシタロックンローラーだぜ!

 個人的に何よりも印象に残っているのはとライヴをした事だ。これも長い経緯があった。
一緒にやる前のツアーに来ていた時にたまたま俺はDAISUKEさんと話す機会があった。その時に"よかったら今度一緒にやろうよ"という言葉をかけてくれたんだよ。そん時はかな〜り嬉しかったな〜。そして数カ月後か次の年かにツアーが決まった情報を知った俺はに連絡を入れて了解を得たのだ。そして当日意気込んで会場に入るとイベンターの主任が"君らは誰?何しに来たの?"と言う事になってしまった。出鼻を挫かれた俺は事の説明をしたが、そんな事は聞いてもいないし、そんな訳がない!となり猛烈な喧嘩となってしまった。ま、イベンターからしたらアーティスト本人達と交渉した俺らにムカついたんだろうな(笑)結局イベンターとは最悪の状態だったがライヴは行われた。ところでその時のイヴェンターの主任は現在仙台MACANAの【土井ちゃん】なのだ!(爆)今では逆に超仲良くなってしまったもんだから不思議なもんだよ。確かあの時ツアー中に"よしろうさん"のメインギターが故障してしまい使えなかったんだよ。そんながっかりした様子を見て俺は"よかったらうちの店で治してきますよ"と伝えたら"是非頼む!"ということになった。俺は当時"シェルドンギター"の仙台店で働いていたのではモニターだったのだ。のちのその会社はESP/BIGG BOSSと変わったんだけどね。そんな事もあって打ち上げの帰りに"よしろうさん"が俺に向かって"ありがとう"って言ってくれたのが凄く印象的だった。涙がでるほど嬉しかったな〜うんうん。そんな"よしろうさん"と再会したのは3年前だった。知合いがやっている三宿の飲屋でばったり会ったのだ。マジで驚いた!現在はその知合いなんかを通じて活動情報を得られるので安心安心(笑)

あららら、また話が長くなってしまったな。一気にぶちまけるとしっかり刻み込まれなくなるから少しづつ話す事にしようかな。続きはまた今度来た時にだね〜。


e0107476_4104068.gif□BGM : Boy's Jump The Midnight
■THE STREET SLIDERS『HEAVEN AND HELL』

87年にリリースされた6枚目のライヴ盤。どのスタジオ盤も大好きだが、このライヴ盤は特にすきだ。ハリーのしゃがれた歌声といいギターといいグルーヴも最高だ。ルーズでイージーな中にある危険な鋭さが最高にイカシている。欄丸のギターも大好きだが、ハリーのさりげなく弾くギターが俺は大好きだ。"おべっか"が嫌いで"好き勝手"にやるあの姿勢は俺に痛烈な印象をあたえてくれた。
[PR]
by ohpg | 2003-05-15 04:11 | Bar's Column