<   2003年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

続々:素晴らしい出会い

[ Bar-019 ]

e0107476_594566.gif最近は暑いんだか寒いんだかよく分からない気候だな〜。と言う事で、まずは0607:Admライヴに駆け付けてくれたみんな、本当にありがとう!大感謝感激だったよ。随分遠方からも来てくれたしで本当に素晴らしいライヴだった。プレゼントも山程もらっちゃったしで言葉にならない!!ありがとうー!
で、この話ね。今回で3回目か。長いな〜。記憶を辿りながらのんびり続けていこうか。そ〜言えばこの話は随分省略されているような気がする(笑)実際に出会った人は死ぬほどいるしで今この瞬間に思い出した事で進めていこう!
さて、前回は"Burny"との話で終わったんだよな。と言う事で今、俺の頭を過った素晴らしい出合いは...

アーティストの【五味美保】ちゃんとの出会いかな。これも面白いかもな。ちなみに彼女は元アイドル(すげ〜)で1989年にワーナーからデビューしビクターやらを駆け巡り現在はWater Moon Recordsに所属しているんだけど、1994年に俺が仙台で活動し直す為に今の"STARS'N STRIPES"を旗揚げし都内やら全国やらで再活動し始めた頃に彼女はFM で"Betty street"という番組のパーソナリティをしていた。勿論、東京発でオンエアーされていたんだけど、割と俺の周りでも彼女の爽快なトークと人柄もあって聴いている奴は多く人気のある番組だった。元々俺はTVを見ない方なのでいつもラジオを聴いていたし、そんな俺もいち視聴者であった訳だ。で丁度SNSはアルバム【Communication Market】の全国一斉発売なんかもあって放送局関係やプロダクション、レコード会社なんかに随分告知やらプッシュをしていたんだよ。そんな中、彼女にSNSのCDを聴いてほしいな、と純粋に思い番組宛に郵送したんだな。そんなある日、彼女の番組があった時間に俺は何かの用事があってその日のラジオを聴けなかったんだけど、家に戻ってみると友人から膨大な留守電が入っていた。するとその内容はどれも一緒で"FMでSNSからの連絡を待っている"とオンエアーされたというモノだった。なんと彼女はSNSのCDを聴いてラジオから俺達にメッセージを送りコンタクトをとろうとしていたのだった。

カ ノ ジ ョ ハ ラ ジ オ カ ラ オ レ タ チ ニ メ ッ セ ー ジ ヲ オ ク リ 
コ ン タ ク ト ヲ ト ロ ウ ト シ テ イ タ 。

なんかそれってドラマみたいだよね(笑)。鳥肌たっちゃったよ。俺は次の日にFMに連絡をして彼女の事務所の連絡先を教えてもらい、すぐに電話をしてみた。初めにマネージャーさんが出て事情を説明すると快く対応してくれた。その頃の俺は様々な事があって業界やら業界人嫌い真只中(今もあまり変わらないが)だったのでそのあたたかい対応に物凄く驚いたのを覚えている。そしてその後にいつもラジオで聴いていた声が元気に聞こえてきた。なんか不思議だったな〜。だっていつもラジオから聞こえてくる声と会話しているんだぜ。凄く嬉しかったよ。それでラジオにゲスト出演させてもらう事が決まった。それからはも〜周りが大変だった。"五味美保に会えるの!"とか"写真撮ってきてくれ!"とか(笑)。お世話になっていたリハスタの社長もファンでしきりに"い〜な〜。い〜な〜"を連発していた(笑)。
収録は都内のスタジオで行われたので、その為だけに俺らは機材車を走らせて乗り込み、遂に御対面してしまった。初めてあった彼女は俺の勝手な想像で(声と話し方で)で創りあげられていた幼いイメージとは違い大人で素敵な女性だった。でも絶対、俺の周りの奴らも子供っぽいイメージ持っていたと思うよ!だろ!?きっとこれを読んで頷いている奴が沢山いる筈だぜ(笑)。でもあのバリバリ元気な感じはそのもので終止俺達は圧倒されっぱなしだった(笑)。終了後にゆっくりお茶しながらスタジオで話したんだけど、何と同じ年だと言う事が分かりお互いびっくり!ん、でも俺が驚くのは分かるけど何であの時、彼女は驚いたんだ?
なんかそんな事もあって妙に親近感が湧いたんだよな〜。人間的にもとても魅力のある人だったからね。その日はすぐに仙台に戻ったんだけど、それから連絡をやり取りするようになったんだな。

俺がまた東京に越して来た時も新生SNSでまたゲスト出演もさせてもらったり、今も尚ライヴに足を運んでくれたりもしてくれている。現在は番組も終わりパーソナリティはしていないが、俺の中では今でも"Betty street"の"五味美保"であり続け、イチファンである事に変わりはない。それと同時に今では大切な親友でもあるんだよ。彼女もいつでも精力的にアルバムを作ったりイヴェントで移動したりで忙しそうだけど、最近あまり聴く事ができない【心に響く歌】を歌い続けている。俺はそんな彼女の姿勢や歌を聴く度に前向きに歩み進む事ができるんだよ。
俺の歌も彼女に影響してくれればいいんだけどね。

コ コ ロ ニ ヒ ビ ク ウ タ 。

彼女のOfficial web site【がじゅまる】はこのサイトやSNSでもリンクしているんで是非遊びに行ってごらん。
でさ、そんな彼女もちょっと変わったところがあってね....。飼っているペットがコオロギとかカエルとかなんだぜ(笑)。最近、偶発的にネコ飼ってるみたいだけどね。そのうちもっと変なの飼いそうで恐いよな〜(笑)。シーラカンスとかタランチュラとか(笑)。いっその事【インド象】とかにすればいいのに!そしたら乗せてもらおう!


e0107476_417621.gif□BGM : RADHARC
■DEAD CAN DNCE『AION』

1990年にリリースされた5作目のアルバム。中世ヨーロッパの異教徒的ムードを当時のインスピレーションで具体化し作り上げられたもの。古学、宗教音楽としてとらえられている傾向も強いが、単に礼拝形式の楽曲に留まらず世俗的なアプローチも積極的にされている。オリエンタル的な要素を遥かに超越したこんなに妖しい香りが漂っているアルバムって他に類をみないほどのセンスだ。
[PR]
by ohpg | 2003-07-06 04:17 | Bar's Column