<   2004年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

季節を感じられる街

[ Bar-024 ]

e0107476_5142677.gif暑中お見舞い申し上げます。
気がつけば随分と長い間、ここも留守にしてしまっていた!スマン!やっとちょっとだけ落ち着いたので久し振りに登場って訳だ。しかし毎日暑いね。先日の浅草隅田川花火大会は綺麗だったよ〜。

さて、今更って訳でもないが【NEW YORK DOLLS】の来日が決定した。先頃話題沸騰していた時は一体誰がギターで参加するんだ?と言う事で持ちきりだったが、実際のところよく分からないので考えない事にしよう(笑)。それにしても今回の再結成で驚いたのがArther Kane/Bassが生きていた事だった。しかも喜びも束の間、先日この世を去ってしまったという何とも悲しい話だが、もともと死んでいたと思えば驚きでもないと言えばそうだが....。とにかく御冥福を祈ろう。NEW YORK DOLLSが俺に与えた影響は言う間でも無く多大なものだ。あの刺激的なファッションからイカれたロックンロールにグルーヴ。とにかく沢山のものがある。彼等の事に関しては今までも随分とここや日記でも話してきたのでこれくらいにしておこうかな(笑)。とにかく生で見れるなんて夢のようだよ。

ナ マ デ ミ レ ル ナ ン テ ユ メ ノ ヨ ウ ダ

さてさて一方SNSはと言うと最近、久し振りに新曲をライヴでやったりとしてる。久し振りってのも変な話だが、俺の頭の中では結構な数の曲があるのだが、ライヴできちんとした形でやるタイミングがなかったので、やっと最近始めている。今回は【今夜はお前と朝までロケンロールブギーナイト】【答えの出口】の2曲。これまた水と油な雰囲気だが、どちらもい〜感じだ。【今夜は〜】は曲名からも分かりやすい通り、ブギナンバーの決定版っぽい要素を含んだノリで今後はこういったお気楽な感じの曲をあらためて増やしていこうかなと思っている。ま、もっとも気分次第だが(笑)【答えの出口】は、【続:魂の歌】っぽい感じに仕上がっている。考えて何部作的な指向で作っている訳では無いがテーマがいつでも一緒だからね。やはりどちらかと言うと重みのある曲になっているかな。もっとも基本的にこういった雰囲気の曲を俺はバラッドやらラブソングとも意識せずに作っているので聴く人の捕らえ方にもよって変わるのだろうな。そもそもこの【答えの出口】に辿り着く迄にしろ現在にしろ俺自身が答えの出口は分かっていない訳だからね。思った事をストレートに歌えばいいと思っている。機会があったら是非聴いて欲しいね。

とバンドやらの話しはこれくらいにして最近の俺の状況を話そうかな〜。暑い!ビールビール!
まず最近一番変わったのは生活が改善されてきた事かな。もっとも仕事やらバンドに関しての忙しさはまったく変わらないが、昼夜が完全に逆転していた生活が戻ってきたかな。なにせ午前中には起きているのだ!快適な体調維持の為に黒酢を飲んだりもしているので目覚めも良いしで結構これは素晴らしいよ。その代わり夜中に仕事がある事も相変わらずなので遅寝早起きってやつ?でも快適に生活してる。色んな物事に対して意欲的に取り組もうとする気も沸き上がるしね。仕事を早く切り上げた時は夜に十分な時間がとれるし、遅く始まる時でもその前に余裕な時間が沢山ある。これを利用して最近はよくビデオを見たりしているかな。あとレコード聴いたりとね。新曲を考える時間も以前よりも増えたかな。やはり時間があるってのは素晴らしい事だ!起きてから、今日は何やろうかな〜って考えられるようになったからね。サラリーマンのようにアフターファイブなんてものが無い俺らにとってはとても貴重な時間だよ。それと珍しく季節をきちんと感じられる生活もしている。たまたま夏にブチあたった訳だが、何て言ったらいいのかな...とにかく季節をだ(笑)。例えば、トウモロコシや枝豆を茹でてビール飲んだり、エアコンをつけずに扇風機で過ごしたり、蚊がいたら香取線香を焚いたり、ところてん食べたり、とか....とにかく、夏のイメージって言うのかな。普段は季節もクソも関係なく忙しさに身を預けて怒濤のように過ごしているので節な事を全くやらずに過ぎていくんだけど、生活改善も相まってそんな小さな楽しみも感じているよ。幸い、俺の住んでいる浅草はとくに季節を感じ易い土地でもあるので改めて住んでいて良かったと思った。ただ散歩していても境内に入ると並んでいる露店を見て"あ、お祭りか"って気づく事もしょっちゅうだしね。人が生活しているって雰囲気がプンプンしているこの町は大好きだよ。みんなは季節を感じているかい?

キ セ ツ ヲ カ ン ジ テ イ ル カ イ ?

さて、話しはまたSNSに戻るが、今月のライヴから毎月限定で無料DEMO音源を配布する。その為に毎月レコーディングを行なう訳だが、今月分のテイク~TDも既に完了し配布のみとなった。結構、毎月レコーディングってのはハードだが、とても楽しみが増えた。考えてみれば以前は毎月レコーディングなんて当たり前な活動だった。お陰で昔の音源は山のようにあるしね。売るとか配布する事を目的としていなくてもレコーディングには深い意義があるからね。そして何よりも損得ではなく、喜んで多くの人にSNSの音を聴いて欲しいという素直な見解から提案された企画だ。もっとも今回のこの企画はライヴ会場に来てくれた方々だけの為にという名目だけどね。それ故に手にしてくれたみんなに心から喜んでもらえるような音源を作りたいと思っているよ。実際、俺なんか新旧に関わらずに録音したい曲があり過ぎて困ってしまうくらいだ(笑)。あれも聴かせたいし、これも.....って切りが無い!だから毎月考えていく事にした。メンバー各々が順番に録音したい曲を提案するってのもいいかな〜なんても思っている。ん〜とにかく毎月楽しみにライヴ会場に足を運んでほしい。それと、何の曲を配布するかは事前に公表しない事にしたけど、毎月の配布分が終了したらきちんと何の曲をその月に配布したかは発表するよ。これってある意味、意地悪かもな〜(笑)


e0107476_4314319.gif□BGM : Once Bitten Twice Shy
■IAN HUNTER『IAN HUNTER』

1975年に発売された1枚目のソロアルバム。日本では【双子座伝説】というタイトルでリリースされている。MOTT THE HOOPLE脱退後にMICK RONSONの全面協力を得て完成させた力作であり、共作の「BOY」の切ないウェット感はロンソンならではの雰囲気だ。とにかく意欲的な勢いを感じられるアルバムだが、初めて聴いた時は最後に同じフレーズが繰り返されイキナリ針が上がってしまったので、プレイヤーの故障だと思った事があった(笑)。そんな遊び心のあるイアンもまた大好きだ。
[PR]
by ohpg | 2004-08-03 04:32 | Bar's Column