MOTT THE HOOPLE biography

活動経歴を全て書き出したら切りがないので、
かな~り端折って簡潔に紹介します。

e0107476_2229317.jpg

Gisuke YOUNG DUDES BAR PC web siteでご覧になる方はこちら。


1964年、
Watts (Bass)とBUFFIN(Drum)が「The Anchors」と言うバンドで活動。
この頃に敏腕プロデューサー、Guy Stevensと出会う。

1968年頃までに、
Mick Ralphs (Gtr)とVerden Allen (Org)が加入。MTHの母体が完成。
その後、Stan Tippins(Vo)が加入し「The Doc Thomas Group」を結成。

CBSよりシングルをリリースしたものの1969年にTippinsが脱退。
その当時「The Apecs」「The Homelanders」などの
セミプロバンドで活動するかたわら、
作曲家を目指していたIAN HUNTER(Vo)が抜擢され加入。
ここでMOTT THE HOOPLEと改名され誕生する事となる。
(パチパチパチ~)

1969年11月、
Island Recordより先行リリースとしてシングル「Rock and Roll Queen」を発売。
同年12月に1stアルバム「MOTT THE HOOPLE」をリリース。

1970年9月、
2ndアルバム「MAD SHADOWS」リリース。

1971年4月、
3rdアルバム「WILD LIFE」リリース。
同年12月に4thアルバム「BRAIN CAPERS」リリース。

1972年1月、
シングル「Midnight Lady」を発売するものの、
活動に行き詰り"Watts"が"David Bowie"に連絡を入れてみる。


 この1972年3月26日にチューリッヒからかけた1本の電話が
 後のMTHにとって特別な事となってゆく。


同年、Island RecordからCBS COLUMBIAに移籍。

1972年7月28日、
"BOWIE"と共作した「All The Young Dudes」をシングルで先行発売。

9月8日、
CBS COLUMBIA移籍後初の5thアルバム「All The Young Dudes」リリース。
発売と同時にイギリスのヒットチャート3位ままで上昇し
まさに成功を手にとったのだった。

同年11月、
Island Record時代における4枚のアルバムの中の
ベスト作品を編集したアルバム「ROCK AND ROLL QUEEN」リリース。

1973年、
Verden Allen (Org)脱退。4人組となる。

同年5月、
シングル「Honalooche Boogie」発売。
この時期に"BOWIE"と決別する。

7月、6thアルバム「MOTT」リリース。

アメリカツアー終了と同時にMick Ralphs(Gtr)脱退。
後に「Bad Company」で大活躍する事となる。

後任ギターリストとしてex「SPOOKY TOOTH」の"Luther Grosvenor"が加入。
当時のLutherはIsland Recordとのアーティスト契約が残っていた為、
Ariel Benderという偽名で参加。

同年、Morgan Fisher (Piano&Organ)が加入。

まさにロックンロール黄金時代メンバーが集結!
(パチパチパチ~)

11月9日、シングル「Roll Away The Stone」発売。

イギリスツアーで初めて新メンバーでファンの前に姿をあらわす。
また、このツアーでオープニングアクトをつとめたのが
当時の若手バンド「Queen」だった。

1974年3月、
IAN 初の著書「Rock And Roll Sweepstakes」がイギリスで出版。

シングル「The Golden Age Of Rock'n Roll」発売!

4月、7thアルバム「THE HOOPLE」リリース!!
(パチパチパチ~)


 ロックンロール黄金時代を築き上げた最高の時期となる。


同年、Arier Bender (Gtr)脱退。

後任としてDAVID BOWIEの相棒で「The SPIDERS from MARS」のギターリスト
Mick Ronson が加入。

IAN HUNTER (Vo&Gtr)、Mick Ronson (Gtr) 脱退。

以降、二人で共に活動を開始。
ソロ活動を精力的に行い現在もイアンは健在!
残ったメンバーは新たなヴォーカルを交えて活動するものの.....。
IAN HUNTERのいないMTHには興味がないので、ここまでとします(笑)

簡単な経歴だったでしょ?

ちなみに「MOTT THE HOOPLE」というバンド名の由来は、
自分自身を見つけるためにアメリカ大陸を横断、
最後には空に向かって風船に乗り消えていったという
Willard Mnus/ウィラード・メイナスの書いた小説のタイトルからとったもの。
主人公の名前はNorman Mott。


□MOTT THE HOOPLEとは?
□MOTT THE HOOPLE メンバー
□MOTT THE HOOPLE ディスコグラフィー

IAN HUNTERとは?
IAN HUNTER バイオグラフィー MOTT THE HOOPLEの脱退
IAN HUNTER バイオグラフィー ソロ活動の開始
IAN HUNTER ディスコグラフィー


MOTT THE HOOPLEのその他、DVD、CDの他、様々なコレクション、及び
IAN HUNTERのバイオグラフィー、ディスコグラフィー、コレクションなどは
Gisuke YOUNG DUDES BAR PC web site
でご覧いただけます。
[PR]
by ohpg | 2011-01-19 22:31 | MOTT THE HOOPLE
<< MOTT THE HOOPLE... MOTT THE HOOPLE... >>